さつまいもダイエット 間食

さつまいもダイエットの間食

さつまいもダイエットのベースとなる方法は、
ランチか晩御飯のどちらか一食をさつまいもにすることですが、
少しお腹が減ったなと言う時の間食にも、
さつまいもを食べてみてはどうでしょうか。

 

いつものご飯に、さつまいもを取り入れるのは難しいという人でも、
間食なら、簡単にさつまいもにして実践できるのではないでしょうか。

 

さつまいもダイエットの間食で気を付けなければいけないのは、
バターや油を使った間食はやめておくということです。

 

そして、さつまいもダイエットの基本と変わらないのですが、
皮はそのまま使うようにしましょう。

 

これは一例ですが、さつまいもを蒸してつぶして滑らかにし、
寒天で固めるだけで、イモ羊羹が作れます。

 

砂糖や甘味料を使わず、さつまいもの味だけで甘さを出せるので、
甘いおやつが好きな人には最適な間食になります。

 

また素材を活かすなら、焼き芋や干しイモなども、
さつまいも本来の甘さを感じることができるのではないでしょうか。

 

以上のように、さつまいもの間食にも、何種類かあります。
ポテトチップスなどのお菓子や、チョコ菓子のように、
添加物や砂糖がないので、体のためにもいいさつまいもを
是非日々の間食に食べてみてください。

 

お子さんの間食にも適しているのではないでしょうか。
さつまいもの間食にするだけで、体も健康になれて、
しかもダイエットになるなら、こんなにありがたい食材はないです。

 

是非、今すぐにでもさつまいもダイエットに挑戦してみましょう。